浮気が発覚するきっかけは

「携帯電話の情報から」

「言動がおかしい」

「下着や化粧が派手になった」

など、様々あります。

そして、浮気をする人の多くは言い訳やアリバイを用意し、バレないようにしています。

ただ、どれだけカモフラージュしていたとしても、浮気は相手がいてこそ成り立つもので

相手と会う時間が必要になります。

・不倫相手との連絡用の携帯電話を用意する
・不自然にならないよう口実を作って出かける
・友人に頼んでアリバイ工作をする

いくら工夫して発覚しないようにしていても、相手に合わせなければならないことも多く

そこに必ず無理が生じます。

浮気を疑うようになったきっかけは些細なことであったとしても

そこから始まる疑惑と矛盾・・・

結果、確信へと変わっていく

真実を知りたいという理由に目的は必要ありません

浮気の事実を知った後、どうするのかは

浮気調査のページでご紹介していますが

事実を確認してから考えれば良いことだと思います

浮気調査によってわかるのは

・浮気相手とどのように会っているのか
・相手がどこの誰なのか
・結婚しているのか?家族構成は?

全てを知ってから自分がどうしたいのか、どのようなことが出来るのか

パートナーの行ったアリバイ工作やカモフラージュの悪意の度合いも含め

じっくり考えれば良いのではないでしょうか