不貞行為=不法行為

これが浮気の慰謝料の根拠です

妻(夫)の座を侵害される

貞操義務違反

ということです

でも

不法行為とならない為、慰謝料の請求が認められない浮気のケースがあります

それはどういった場合かと言いますと

「夫婦関係が破たん後の浮気」

なのです

夫婦の婚姻関係がすでに破綻していた場合には

原則として、不法行為にはならないとの裁判所が新しい判断基準を示した為
 ※最高裁判例平成8年3月26日

婚姻関係にあるにも関わらず一方の配偶者が不貞行為をしても

不法行為には該当しないケースが出てきました

では

夫婦関係の破綻とは何ぞや?

ということになりますが

家庭内別居状態

これは微妙です

いくら回復の見込みがない夫婦関係だったと主張しても

相手がそうでは無かった、まだ修復の見込みはあったと言えば

完全に破たん関係であったとは認められないでしょう

基本的には別居の事実

これを以て破綻とみなされるケースが多いようです

夫婦間で話し合った結果、離婚を前提とした別居に至った

これは確実な破たん状態であるといえます

それでは

浮気している側が一方的に家を出て別居状態になったというケースは?

早めに浮気の証拠を押さえておく必要があります

時間が経つにつれ

性格の不一致で別居に至ったという相手の主張が

こちら側も修復の姿勢を示さなかった

積極的に話し合いの場を持つなど努力しなかったと捉えられ

説得力をもつようになるからです

現に上記の判例ができてから

浮気の慰謝料請求裁判の場では

被告(浮気をした側)が「夫婦関係破綻後の浮気だった」とする

弁護姿勢が取られるケースが爆発的に多くなりました

ですので

浮気の証拠を収集するならば

可能な限り早い時期にしておかないといけないです