TVやマスコミへの出演も増え

ガルエージェンシーの知名度が増すにつれ

「○○エージェンシー」といった名前の探偵社が続々と生まれました

ガルエージェンシーという社名は登録商標になっているので

ガルエージェンシーはグループ探偵社だけに許された社名です

「○○エージェンシー」であれば法的にも問題はありませんが

中には明らかに錯誤を狙ってであろう

「ガ○エージェンシー」とか「ガー○エージェンシー」というのまでありました

個人的には

「そんなプライドも何もないようなことをよくするよな」

「中国のパクリじゃないんだから・・・」
と思うのですが

日本は法治国家

いくらグレーでも不法行為や違法行為がない以上

こちらから何かをすることはできないし

余程でない限り、そういった輩を相手にする気はありません

ただ

チラシに「大手探偵社ガルエージェンシーと提携」などとするのは

明らかな不法行為

過去に何度か顧問弁護士から内容証明郵便を送って対応したように

このような行為にはグループとして対応していかねばならない

そして

ここ数年で、よく耳にすることが多くなったのは

「昔、ガルエージェンシーにいた」

「以前、ガルエージェンシーで調査員として働いていた」

とのセールストークをする探偵社の存在

その会社に相談に行ったところ

何となく怪しかったのでやめておいて、こちらに相談に来た

そこまで言うならガルさんの方が良いかと思って

と調査依頼されたお客様から聞いたのですが
こちら側としては

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「誰ですか?それ?」

呆気にとられ

とりあえず、全支社に確認するのですが

ほぼ、嘘

たった1件、過去に在籍していた者であった程度

正直

そういった手合を全て対応していくのは難しく

また、あまりにも程度が低すぎるから

無視をしている状況なのですが

「そういうの、やめろよ!」

と声を大にして言いたい

自分の会社にプライドを持たずして

自分の仕事に信念を持たずして

何が探偵だと思うのですが

調査依頼を頂くのに必死なのか

そういう輩は次々出てきます

皆さんもお気を付け下さい