探偵社の選び方2探偵社の選び方3と紹介してきましたが

当社HPにもある「採用情報」いわゆるリクルートページですが

これも確認しておいた方がいいでしょう

採用情報ページがない探偵社も多く存在しますが

ここでは採用情報ページがある会社のみの判別法です

さて、本題に入りますが

確認した募集要項ページは誰を募集していますか?

【営業】や【カウンセラー】といった部門だけの会社ではなかったですか?

【契約探偵】や【登録調査員】といったものではないかったですか?

きちんと正社員の調査員を募集している会社であれば問題ありません

というのも、自称:大手といわれる探偵社の多くは

下請けに調査を丸投げしているのが実情です

さも、自分のところが調査力があるように見せかけ

安い料金で下請けに丸投げしていることが多く

または、【契約探偵】や【登録調査員】なるアルバイトなのか何なのか

よくわからない素性の人が調査をしているようで

守秘義務が守られるかなどを考えたら

怖くなりますよね

そういった会社は?

はい、当然のように正社員の調査員など募集することはなく

【営業】や【カウンセラー】などといった部署のみを募集することになります

または、アルバイトかパートかわかりませんが

とくかく日雇い的な【契約探偵】や【登録調査員】

それが依頼者さんにとって有益であるか?そうでないか?と考えた時

答えは明らかですよね

探偵社を実際に運営していくには

営業職の5倍以上の調査員が必要です

探偵歴20年以上の私が言うのですから、まぎれもない事実です

正しい探偵社選びとは、とにかく怪しい探偵社を選別し、避けることです

女性を前面に押し出し、全てが女性の探偵社

それも構いませんが、私にはまともな調査ができるか疑問に思えます

探偵社には探偵社なりの正しい男女比があるのです

バイクと車の比率も重要

とにかく、調査員がいなくては探偵社でもなんでもありません

騙されないようご用心下さい