浮気調査を頼もうとする時

何を準備しておけば良いですか?

よく質問されることなので

ここでは浮気調査を頼む前に

準備しておくべきこと5つの事をご紹介します

探偵社選びについては「探偵社の選び方」ページを参照ください

心を患っている方を差別する気はありません

ただ、様々な男女トラブルに携わる中

ボーダーラインの疑いのある方との交際関係において

特にその別れの場面において

悲惨な事案をいくつも経験してきたことから

(1)浮気の可能性がある日(曜日)の順位付け

浮気の可能性がある日が全くわからないというケースもありますが

週末とか水曜日が怪しいなど

可能な範囲で構いませんので情報を準備しておいてください

毎日調査するのと金土曜日の2日間だけというのでは

単純に計算するだけで調査料金が2/7になります

ただ、特定するあまり絞りきれないというのであれば

状況だけお聞かせ下されば

過去の調査例をご紹介しながら提案させて頂きます

(2)対象者の写真

写真でなくても、携帯電話で撮影したものでも構いません

貴方がよく知る夫(妻)であっても

調査員にとっては初対面です

予備調査(下見調査)は確実に行いますが

訪問者の存在など、万が一のことも想定し

対象者がわかる写真をご準備いただけると助かります

(3)使用車両など移動手段の情報

自家用車を利用するケースでは

車両ナンバー、車種、色の情報提供が必要となります

調査開始場所が勤務先など自宅とは別の場合

(4)自分で収集された浮気の情報

少しの疑いで探偵社に頼まれる方は少なく

どちら様も少なからず、対象者の調査を行っているはずです

自分たちで散々尾行をした結果

探偵社に依頼される方もいます

口頭において問いただしたなどでも

探偵社としては対象者の警戒度を察知すべく

正しい情報を必要としています

警戒度を測りながら調査を進めるのは当然ですが

情報があるに越したことはありません

(5)浮気相手の情報

浮気をしている相手がわかっている

会社の同僚が疑われる

など、どんな情報でも構いません

可能性があるならば全てをお聞かせ下さい

その他にも様々な情報をいただけると助かりますが

浮気調査の結果どのようにしたいかなどは

明確な目的があれば別ですが

そうでない場合は、無理に決める必要はありません

調査結果が出てから、じっくり考えれば良いのです

弁護士さんにご相談してから決めるという方法もあります

まずは真実を確認し

確かな証拠を得てから進めるということです

アドバイスはあくまでアドバイスです

自分の人生の選択肢は自分にしかありません

浮気の事実=離婚ということでは決してありません

じっくり考えた上で、お決めいただくことですから